◎ 失敗しないタイ語翻訳通訳選び

「翻訳を依頼したが、全く意味の違う文に誤訳されていた事が後日発覚した。」「通訳を依頼したが、専門性がなく実際の現場では全く機能しなかった」等々、タイ語にまつわるトラブルは例をあげるとキリがありません。下記の失敗例をもとにしっかりと翻訳通訳会社を選んでみてください。

翻訳失敗例1:翻訳間違い(個人に依頼したケース)

<日本語のできるタイ人に大事な翻訳を依頼したが、間違いだらけであることが後日発覚>
日本語ができる能力と翻訳ができる能力は全く違います。日本語ができるからといって翻訳を任せてしまうと全く違った意味の誤訳をされてしまうことが多々あります。特に言い回しの難しいものや専門用語が含まれるもの、読み方が難解なものは必ず日本人・タイ人がペアになってダブルチェックをする必要があります。

翻訳失敗例2:翻訳間違い(多言語通訳会社に依頼したケース)

<タイ語翻訳を謳っている翻訳会社に安心して依頼したが、間違いだらけであることが後日発覚>
最近、多言語を売りにする翻訳会社がウェブ上で非常に増えています。
しかし、実体は英語や中国語がメインでタイ語の翻訳経験のある会社はほとんどなく、タイ語登録者数名の会社がほとんどです。タイ語のチェッカー(校正する日本人スタッフ)もいないため、間違った翻訳文書がそのまま納品されるケースも多く、注意が必要です。

翻訳失敗例3:納期に間に合わない

<納期までに納品されず、契約やプレゼンに間に合わなかった>
日本で納期を守るのは当たり前のことですが、タイ人の場合、納品が遅れる事がよくあります。当社の場合、担当の日本人コーディネーターが常に進捗状況を管理していますので納期に遅れる事はまずありません。また、大量の翻訳の場合でも数人でプロジェクトチームを組んで対応いたしますので迅速な対応が可能です。

翻訳失敗例4:改行

<ウェブをタイ語で作成したが、改行がバラバラだったことが発覚>
完成する前に改行箇所が間違っていないか、しっかりと確認されることをおすすめします。改行箇所を間違うと意味の通じない文章になります。

通訳失敗例1:通訳者の能力不足

<通訳可能というタイ人を手配したが、実際は一般的な日常会話しかできなかった>
語学の専門性をしっかりとチェックしていないために起こる失敗例です。お金を払って通訳を使うということはイコール重要な場面な訳ですから、言葉だけでなく、経験や専門性、特性もチェックしておかなければなりません。タイ人はできない場合でも「できる」と断言することがよくありますので、冷静にしっかりとスキルチェックをする必要があります。多くの多言語会社、人材派遣会社ではこの基本的なタイ語スキルチェックができておらず、通訳希望者の自己申告任せとなっています。当社の場合、Sクラスのタイ語通訳社員が30分〜1時間かけてしっかりとスキルチェックを行います。延べ3,000人以上の面接を行っています。

通訳失敗例 2:通訳者の経験不足

<タイ人通訳を手配したが、経験が乏しく、全く専門用語がわからなかった>
その分野の通訳経験がない方に専門用語が頻発する通訳を任せると、通訳として全く機能せずに失敗するケースが多々あります。当社では業界通訳経験のある者を優先的に手配いたします。

通訳失敗例 3:通訳者の代わりがいない

<長期間の通訳なのに通訳が途中から体調を崩してしまい、代わりの通訳を探すことができなかった>
病気だけは誰も予測できません。個人の方やタイ語登録者の少ない一般的な人材派遣会社や英語中国語メインの多言語会社を利用すると代わりの通訳がいないために通訳者不在という不測の事態が起きてしまいます。当社は500名以上のタイ語通訳者がいますので、万が一通訳者が業務を遂行できなくなった場合でもすぐに代わりの通訳者を派遣することが可能です。

通訳失敗例 4:通訳者の代わりがいない

<1か月の予定が、急遽2か月に延長になってしまい、代わりの通訳を探すことができなかった>
研修などの場合、現場の判断で期間延長になるケースが多々あります。人気のある通訳の場合は次の仕事が既に決まっていることが多く、延長できないケースがよくあります。当社であれば多数の登録者がいますので柔軟に対応することができます。

 

お見積・お問合せはこちら0120-961-181受付時間 平日10:00-21:00 土曜10:00-15:00

無料お見積・問合せフォーム2時間以内にご返信いたします。平日10:00-21:00 土曜10:00-15:00